コンシーラーはランキング上位の商品が狙い目です

女性

諸効果と種類

笑顔の女性

ビタミンc誘導体の効果には皮脂分泌の抑制と美白効果があります。また、化粧水に配合されることが多く浸透力を高めてくれます。美容液やクリームをそのあとに使うと有効成分が浸透しやすくなりますが、敏感肌の人はクリームやジェルがおすすめです。

詳しく見る

有効成分でトラブルを解決

化粧品を持つ女の人

化粧品でのケアでは成分を選ぶことが重要であり、複数のトラブルを抱えている時にはビタミンc誘導体が最適です。ビタミンc誘導体には抗酸化作用がありますので赤みが改善されますし、凹凸のあるニキビ跡や色素沈着も良くなります。

詳しく見る

化粧で肌の欠陥を隠す

ウーマン

厚塗りしないこと

コンシーラーは、クマやシミ、ニキビ跡など肌の欠陥を隠して美しい肌を見せるための化粧品の一つになります。コンシーラーは、様々な種類がありますが主に広範囲に使えるリキッドタイプと限られた部分にピンポイントで使うスティックタイプがランキング上位にあがります。どちらもカバー力が高く、汗や水などにも強く比較的落ちにくいと言えます。ランキング上位にあがるものも参考にしながら、自分の隠したい部位や範囲に合わせて使っていくことが大切です。コンシーラーを使う際に気を付けたいのが、厚塗りをしないようにすることです、隠したいと思うと何度も重ねて厚塗りしてしまいがちですがコンシーラーは厚塗りすると逆に目立つことがあるので極力厚塗りはしないように一度か二度で塗るようにします。

肌色に合うもの

ランキング上位にあがるようなコンシーラーは、肌色に合わせやすいものが多いと言えます。人によって肌色は少しずつ違いますし使う目的によっても選ぶ色は変わってくるので色展開が豊富なものがランキングでも人気となっています。シミを隠す場合は、肌色と同じくらいの色合いかそれよりも少し暗めの色合いものものを選びます。クマの場合は肌色よりも少し明るめの色を選ぶようにします。ニキビ跡の場合は少し肌色よりも暗めの色合いのものを選ぶようにします。自分の肌色や使う目的によっても選ぶ色は変わってくるので、なるべく色展開が豊富で自分の肌に合わせやすいものを選ぶようにするとより自然に肌のカバーが出来るようになると言えます。

悩みから生み出されたもの

クリーム

代表自らの肌の悩みを解消したいと生み出されたスキンケア用品がメディプラスゲルです。化粧水と乳液、美容液そしてクリームと4つの役割をもっており、こすらずケアすることを推奨し摩擦ダメージを抑えることも意識されています。

詳しく見る